丁寧に手を抜く

頑張らない努力

タイピングの悪い癖を矯正したらストレスが減って効率が20%向上した

f:id:craftzdog:20180408113735j:plain

どうもTAKUYAです。

みなさんは2018年の正月に掲げた抱負をまだ覚えているだろうか? facebookに長々と投稿する人もいるよね。 自分は掲げない。なぜなら100%忘れるから。 その代わり、年の初めに新しいことをやり始める。 今年はキーボードのタイピングの悪い癖を直すことだ。 数ヶ月続けてようやく効果が出始めた。

自分のタイピング速度はもともと速い方だと思う。 確か 腕試しチェックサイトでのレベルは comet (375~399pt) だった。 まぁ中学二年からパソコンを触っているので速くならないほうがおかしい。 でも以下のような悩みがあった:

  1. キーボードの入力音がうるさい
  2. タイポが多い
  3. 手が疲れる
  4. 入力時にストレスを感じる

作業効率を更に上げるためにもこれらの問題を解決したい。 入力音がうるさいと他人の迷惑にもなるし。 自分のタイピング癖を見直すと、以下のことに気づいた:

  1. ホームポジションを遵守していない
  2. vimでのカーソル移動に hjkl キーを使っていない

この通り自分は基本中の基本を守っていない。 だから手癖だらけ。そのせいで以下の弊害が発生していた:

  • 手首の位置がうろうろ安定しない
  • いらない力が入ってタイプ音が大きくなって手が疲れる

今思い返せばこんなんでよくプログラミングが出来てたなと思う。 どうやって入力していたかというと、キーの相対位置を一文字ごとに考えて指を動かしていた。

ギターやピアノの運指をイメージすると分かりやすいと思う。 ギターを1音ずつ弾く時に、フレットや弦の移動コストを最小限にするように指を動かす感じ。

例えば「k」を入力したら、その上は「i」と「o」だ、右下は「,」だというようにマッスルメモリーに叩き込んで、それに合わせて手首の位置や指を動かしていた。 これでブラインドタッチする。そりゃストレス感じるわ、と。これが中学から培った我流のタイピング技術である。笑

こんな打ち方だから、離れたキーを入力する時にタイポが高確率で起こる。 カーソル移動で毎回矢印キーまで移動しなければならないので無駄が多い。

まずはホームポジションhjklを導入するとともに、vimでは以下のことを行った:

  • 自分の手癖に合わせていたvimのキーマップ設定を外してデフォルトを使うようにした
  • Escキーは遠いので使わず ctrl-[ノーマルモードに戻るようにした

あとは Karabinerというmac向けのキーマップツールを使って、vimっぽいキーマップをOSグローバルに適用してみた。 Complex Modificationsからお好みの設定を見つけてインポートすればいい。 こちらのVi Style Arrowsを使った。

最初はとても辛くて辛くて、竹書房ゥァア゛ーッと奇声をあげたくなったけどなんとか耐えた。 痛みの伴う矯正だった。 ホームポジションを尊守していると薬指と小指を沢山使う。 これが結構慣れないと思うように動かなくてしんどい。 やはりキーボードは楽器と同じだ。 上達するかどうかは薬指と小指にかかっている。

vimのキーマップはよく考えられているなと改めて思った。 デフォルトのキーマップ設定は今後も変えないで行きたい。 最初は ctrl-[ で小指が届かず ctrl-p を入力してしまってコード補完が頻繁に表示されるという悩みがあったけどこれも慣れの問題だった。

おかげで入力ストレスはかなり軽減されて、手も疲れづらくなった。 苦手な文字が限定されてタイポ率が下がった。今は主に ,./-=らへんをよくタイポする。難しい。 リターンキーは中指ではなく小指で押すようになったので「ッターーーーーン!!!」とやらなくなった。 これでもうキーボードを破壊しなくて済む。

まだ残っている問題は、日本語の入力。 自分は日本語を打つ頻度が低い。 プログラミングではほぼ英数字しか打たないから。 だから日本語の矯正がまだ残っている状態。 ゆっくり直していきたい。

一人の時間を過ごすことに特化したカフェ「fuzkue」に行ってきた @ 初台

自分がカフェにもとめているものは間違いなく癒しだ。

普段PCにかじりついてキーボードが壊れるまで文字を打ち続ける(実際リターンキーが壊れた)日々を送っているから、手を休めソファに深く腰掛けてリセットする時間が欲しくなる。

でも一般的なカフェはおしゃべりをする団欒の場でもある。 学生が勉強をしていることもあれば、パソコンを開いて何やらカタカタとやっている人も多い。 だから単にお洒落なだけでなく「落ち着く」カフェは貴重なのだ。

何も考えたくない、あるいは黙々と読書を楽しみたい。 fuzkue(フヅクエ)はそんなニーズに応えてくれるカフェ。 こちらはTwitterで拙作アプリのユーザさんに教えていただいた。ありがとうございます :)

f:id:craftzdog:20180403181926j:plain

初台駅からすぐのところにある雑居ビルの二階。

f:id:craftzdog:20180403183255j:plain

アンビエントな音楽がゆるやかに流れていて、お客さんたちがぽつぽつと腰掛けて雑誌などを読んでいた。

fuzkue.com

このカフェに訪れる前にホームページに目を通しておくといいかもしれない。 ここは少々変わっていて、図書館のようなルールが設けられている。 おしゃべり禁止、パソコンカチャカチャ禁止など、他人の邪魔にならないように配慮すること。 それがこの居心地のいい空間を保つ役割を果たしている。 ホームページにはなぜ必要なのかという説明とともに、ルールが丁寧に綴られている。

もちろん、各席にもルールブックが置かれていて、注文の前に目を通すように促される。 何も知らずに入ると「面倒な店だな」と思ってしまいかねないのでご注意。

f:id:craftzdog:20180403182901j:plain

カウンター席に座って、コーヒーとケーキを頼んだ。

f:id:craftzdog:20180403182113j:plain

確かに静かで居心地がいい。 なんかふわふわした気分になった。 家にもこんな空間が欲しくなる。 香りにも気が配られているようで、アロマ的なやわらかい香りがした。詳細が知りたい。 気持ちよすぎて眠くなる・・隣の客は寝ていた。

f:id:craftzdog:20180403183335j:plain

席と席の間隔が離れていて、隣の人が気にならないように配慮されている。 こういった設計は都会のカフェではめずらしい。 同じ空間にいるのに他人が気にならないというのは中々作れないものだと思う。 一人の世界に浸りたい人はぜひ一度訪れてみて欲しい。


この手のカフェは流行ってしまうと良さが失われてしまうから難しい。 だから売り上げには限界があるし、たぶん儲けを追求する人がやる商売ではない。 席料があるのはうなずける。そのため客単価は1,600〜2,500円と高め。 その分時間を気にせずに滞在できる、という仕組み。 逆に頻繁には通えないのがトレードオフ

こうやって客層を絞って初めてできる商売は好きだ。 自分がニッチ向けのアプリを作っているからというのもあるかもしれない。 世界に何万店舗も展開したりだとか、何億人のユーザを獲得したりとかも派手で良いけど、ひっそりと狭く深く濃ゆい、知る人ぞ知るサービスもまた乙である。


  • 食べログ
  • 東京都渋谷区初台1-38-10 二名ビル 2F
  • 12:00~24:00
  • 日曜営業 不定
  • 禁煙

Instagramやってます

www.instagram.com

コーヒーテーブルと一人がけソファを買ったら部屋のカフェ化が進んだ

以前、ブログでアプリで稼いだお金は全部投資に回すという話を書いた。

部屋もやはり好きなものに囲まれた方がふとした時にやる気が出て良い。

例えばドライフラワーを壁に飾ってるんだけど、ふと目をやったときに綺麗だなあと思えてちょっとだけ気持ちが安らぐ。とても良いのでおすすめ。手入れも要らないし楽。

f:id:craftzdog:20180327214714j:plain

おすすめは原宿のTHE LITTLE SHOP OF FLOWERS。お値段も数千円程度なので手軽に癒しを手に入れられる。トイレとかに飾ったりとか。

過去の記事を読んでくださっている方はご存知の通り、自分はカフェが好きだ。 前々から部屋もカフェっぽくしたくて、今回はコーヒーテーブルとソファを買った。

家具系は値段も品質もピンきりなのですごく悩む。 自己投資を免罪符にしてつい高いものを買ってしまいたくなる。 本当はCueroのバタフライチェアが欲しい。でも15万円もする。これは諦めた。

で、リーズナブルかつカフェっぽい雰囲気のものを探した結果がこちら:

f:id:craftzdog:20180327215736j:plain

ソファは若干座椅子感があるけど、取外し可能な脚がついている。

f:id:craftzdog:20180327215842j:plain

値段はそれぞれこちらの通り:

ソファに関しては出来れば肘掛けの付いているものが欲しかったんだけど、同じ価格帯で座りやすそうなものが無かったので妥協した。

テーブルはイメージ通りの暗めな色合いで、かといってチープな印象は無く、そつない感じ。欲を言えばもっとアンティーク調のものが良いんだけど、そうなると価格が激はねしてしまうので今回は見送り。

f:id:craftzdog:20180327204551j:plain

買ってから1週間ほど経ったけど、問題なく気に入ってる。買ってよかった。

もっとアプリの売上が伸びて余裕ができたら、肘掛け付きのもっといいソファを買おう。というかまず広い部屋に引っ越そう。

ソファとテーブルをお探しの方はご参考まで。

本に囲まれてゆっくりできるカフェ「RBL Cafe」 @下北沢

東京は毎年、冬から春への移り変わりの時期になぜか思い出したように突然雪が降ったりする。去年もそうだったような記憶がある。冬が最後にさよならを言いに来た気がした。でも僕はうんざりして寝て過ごしたのだった。

その次の日からすごく暖かくなった。桜の木はこの日を待ってましたとばかりに咲き始めて、毎朝のジョギングで目を楽しませてくれている。

先日は久しぶりに出かけた。表参道は平日にも関わらずすごい人だかりだった。 NUMBER SUGARというキャットストリートの脇にあるお店でキャラメルを買った。 けっこう美味い。女の子にあげれば喜ぶこと間違い無し。

f:id:craftzdog:20180325212402j:plain

その帰りに下北沢へ。 駅から徒歩10分ほどのところに控えめに佇むカフェ。

f:id:craftzdog:20180325205432j:plain

入り口を見ただけで「ああ、当たりだ」と確信した。

f:id:craftzdog:20180325210716j:plain

小さな空間の壁一面が本で埋め尽くされている。落ち着いた照明に照らされて。

f:id:craftzdog:20180325210638j:plain

座り心地の良いソファ。

f:id:craftzdog:20180325210827j:plain

早速腰掛けて、自作サービスのユーザサポートを片付けた。 難しいバグをユーザさんと協力して解決できた時は達成感がある。

そして並んでいる本をゆっくりと観察した。 漫画を期待したけど無かった。 デザインの本や自己啓発系、旅行など、硬いトピックからゆるいものまでざっくばらんに並んでいる印象。

f:id:craftzdog:20180325211530j:plain

自分はカフェに関する本を少し読んだ。 そのあとぼーっとして、コーヒーを飲み干して、帰路についた。

単調な日々にアクセントが加わったような良い気分だ。

おすすめ。


  • 食べログ
  • 東京都 世田谷区 代沢 5-32-12
  • 禁煙
  • 営業時間 13:00~22:00
  • 定休日 月曜日・火曜日・水曜日・木曜日

React Nativeで手軽に別スレッドでコードを実行する方法

English version available here:

dev.to

React NativeアプリはJavaScriptで組まれるから、1つのスレッドしかない。 だからCPUヘビーなタスクを実行するとUIをブロックしてしまう。例えばインデクシングとか。 バックグラウンドでJSを実行したければ、react-native-workersみたいなネイティブモジュールを使う必要がある。これはWeb WorkerみたいなAPIを提供してくれるモジュール。でも、単純なコードを実行したいだけならオーバースペック感がある。あと、むやみやたらにネイティブモジュールを増やしたくない。アプリが複雑になるから。expoアプリを作っている人はそもそもネイティブモジュールが使えない。

で、気付いたんだけど、WebViewを使えばいいじゃないか、と。 WebViewには injectJavaScript というメソッドがあって、これを使えば任意のコードをwebview内で実行できる。 しかもアプリのUIスレッドをブロックしない。 なぜならwebviewの中身はSafari(iOS)/Chrome(Android)の別インスタンスだから。 それを確認するために以下のコードを両方のプラットフォームで実行してみた。仮説は当たった:

for (;;) { Math.random() * 9999 / 7 }

そうと気づけばWebViewはとても便利。ネイティブモジュールいらずでJSをバックグラウンド実行できる。 例を以下に示す:

import React, { Component } from 'react'
import { WebView } from 'react-native'

export default class BackgroundTaskRunner extends Component {
  render() {
    return (
      <WebView
        ref={el => this.webView = el}
        source={{html: '<html><body></body></html>'}}
        onMessage={this.handleMessage}
      />
    )
  }
  runJSInBackground (code) {
    this.webView.injectJavaScript(code)
  }
  handleMessage = (e) => {
    const message = e.nativeEvent.data
    console.log('message from webview:', message)
  }
}

コードの実行結果を受け取りたい時は onMessage propを上記のようにwebviewに追加すればいい。 webview側では window.postMessage 関数があって、これを呼び出すと渡したデータがアプリ側に送信される。

以下のようにwebview側で呼び出す:

const message = { ok: 1 }
window.postMessage(message)

するとアプリ側で以下のように結果が得られる:

message from webview:, { ok:1 }

ただし、データの受け渡しにオーバーヘッドが見込まれるので注意する必要がある。巨大なデータを何も考えずに JSON.stringifyJSON.parse すると本末転倒なので気をつける必要がある。 まあ、これはネイティブモジュールを使った場合でも似たような問題かもしれないけど。

That's it! 😄

健康については英語で検索したほうが質の良い情報が見つかる事に気づいた

2016年末に炎上したDeNAの医療系サイトWELQに代表される日本の健康系情報サイトはアフィ目的で作られたものばかりで、素人臭のする信頼性の欠けたものばかりが未だに多くのさばっている。

似たような文書フォーマットで前置きが長くて、同じことを言い方を変えて何回も繰り返し書く傾向が強い。学術的な引用など皆無。

ふと思いつきで英語で検索したらとても良質な情報にすぐにありつけて感動した。

例えば「work out stress」で検索するとこんなページが出て来る:

www.mayoclinic.org

友人曰く、MAYO CLINICは潤沢な資金をもって先進的な医療研究を行っている病院らしい。

内容も読みやすくてわかりやすい。

他には「workout before bed」で検索すると以下のようなサイトが上位にヒットする:

Should You Work Out Before Bed? | Get-Fit Guy

文章を読むとちゃんと研究や確立された理論に基づく書き方をしていて納得感が持てる。

がんばって探せば日本語でもこういうちゃんとしたサイトがあるけど、いちいちちょっとした身近なことをそうまでして調べるモチベーションは正直ない。

だから日本依存のトピック以外はこれから出来るだけ英語で調べようと思う。そのほうが英語の勉強にもなるし。

フィリピンの人から突然スタートアップに誘われたけどお断りした

最近あった出来事。

ある日Facebookで知らない外国人からメッセージが飛んできた。

読んでみると、俺をmeetup.comで見つけたと。んで面白そうだから連絡してみた、という。

どうやって見つけたのか詳しく聞くと、一時期よく参加していた以下のイベントで見つけたらしい。

www.meetup.com

これはプログラミングを教える代わりに英会話の練習相手になってもらうという趣旨のイベント(勉強会)。

そして俺をFacebookで検索して見つけて、ホームページに飛んで、俺の仕事やパッションに感心したのだとか。

で、俺はその時、てっきりこの人はプログラミングが学びたくて連絡してきたんだなと思っていた。

とりあえず挨拶代わりにビデオコールしようよ、としきりに誘うので、まぁ、久々の英語の練習になるし軽くならいいか〜と夜22時に通話を開始した。

フィリピンの一般家庭のネット速度は日本で言うとまだまだ10年前ぐらいらしく、Facebook Messengerでは速度が足りずまともに会話できなかった。

WeChatなら軽いと言うのでインストールして登録して再度通話開始した。おお、すごい、こっちなら話せる。WeChatすごい。

んで挨拶を交わして軽く雑談したあと、予期せぬ事が起こった。

なんかやりたいことがある、と。

あー、ウェブサイトかなんかかな?プログラミング初心者だし、と思っていたけど全然違った。

そこから延々二時間以上、スタートアップのアイデアを聞かされた。

なんかセキュリティ系と広告モデルを組み合わせたサービスのアイデアで、Airbnbとかではびこる詐欺を未然に防ぎつつ、ユーザに広告を見せるインセンティブを与えるというものだった。

この説明では意味が分からないと思うけど、詳しく書いても仕方がないので割愛する。

すごい勢いで話すので聞き取れなくて、何度も同じことを噛み砕いて説明してもらった(親切)。

でも内心「はよ寝たい」と思っていた。わいの思ってたんと違う。

提案は、俺にそのプロジェクトのco-founderになってもらって、プロトタイプを作って欲しいという事だった。

そのプロトタイプをもとに、出資を集めたいらしい。

一通り話を聞いたあと、とりあえず「そのアイデア面白いと思う。でも回答は時間ちょうだい」と言って通話を切った。

最終的には以下のように言って断った。


Hi, Thanks for inviting me to your project. I appreciate that you tried to explain your idea to me regardless of my poor English listening skill. I've considered about joining your project, but I'm afraid that I can't be your co-founder. The biggest reason is that I basically like to work on what I want. I've never encountered any scams online in Japan. It totally depends on my personal experience and not depends on how interest your project is. It'd be better to find someone who has a similar problem with you to solve. Because I think great solutions would always come with willingness to solve the problem. Sorry, but I hope your project will soon get angels.


話を聞くのも、断るのも結構神経とエネルギーを使うので疲れた。

てっきりプログラミングを学びたい人だと思っていたので、なんだか肩透かしを食らった気分。

今回は英語のいい練習になったからよかった。でももしそうでなかったら一方的に興味のない話をされただけで、時間の無駄になるところだった。

というか、知らない外国の人がいきなりコールしてきて、スタートアップの話をきいて、いくらそれが面白くても「じゃあ、やろうかな」とはならんよ。音信不通になったら終わりだし。

気に入ってくれたのは嬉しいんだけどなぁ。相手も悪い人ではないんだろうけど。パートナーの探し方、もうちょっと考えたほうがいいよね。

この手の連絡には今後気をつけたい。

以上、WeChatは素晴らしいという日記でした。