丁寧に手を抜く

頑張らない努力

Anovaで鶏胸肉を低温調理したらサイコーだった

f:id:craftzdog:20181205210317j:plain
Anova

ブラックフライデーで安かったので即ポチした。1万円。 1週間経って、なぜかアメリカではなく韓国から届いた。

f:id:craftzdog:20181205210614j:plain

さっそく鶏胸肉をブチ込んで20分加熱する。 ジップロックの空気が上手く抜けなかったのでお皿で抑えてるの図。

音は想像してたよりもすごく静か。 全然気にならないレベル。

f:id:craftzdog:20181205210732j:plain

うひょお、うまそう。

f:id:craftzdog:20181205210834j:plain

やわ・・らか・・!?なんだこれは・・・バクバク行ける・・・店で出てきても違和感がない・・ 大量に作ろう。

低温調理に関してはこちらの記事などが参考になる:

r.gnavi.co.jp

肉を適当にこれで調理すればとりあえず美味くなるので、糖質制限にも嬉しい。

メディアアートで食ってる穴井くんがどうやって仕事してるのか聞いてみた

f:id:craftzdog:20181125160541p:plain

どうもTAKUYAです。個人開発で生計を立てています。

先日友人の穴井くんと6,7年ぶりぐらいに会って喋った。 彼は今福岡を拠点に一人で会社をやっていて、テクノロジーを駆使したインタラクティブ空間や体験を創出する仕事をやって食っている。 メディアアートの領域でちゃんと利益を出して会社を回しているのは単純に凄いと思う。 彼がどうやって活動しているのか気になったのでいろいろ話を聞いてみた。 その内容が面白かったので議事録形式でシェアしたい(本人許可取得済)。

穴井くんの話

  • 今日は和歌山でのイベント出展の帰り
  • チームラボに勤めたあと東京で独立、数年後に福岡に移転
    • 東京を離れても意外となんとかなる
    • 東京へは月に2,3度行っている
    • 毎年大分のイルミネーションを担当
  • 一人で営業・企画・開発ぜんぶやる
    • ハードウェアからウェブやモバイルアプリまで出来る
    • デザインは一部外注したりもする
  • 仕事の探し方
    • いろんなイベントやその主催者などに連絡しまくる
    • 過去の作品をvimeoとかにアップロードしておく
    • 人づて
    • やってるうちにあちらからお声がかかることも増えてきた
  • 見積もり方
    • 先方の予算の中で一番良い体験をどう作るかを考えてる
    • ある程度制約がある方が考えがいがあってたのしいから、クライアントワークはやってるのかも
    • 機材費用などは必要なので経費として含める
    • 一般的なソフトウェア開発のように工数ベースとか他事例と比較して見積もりというのが難しい
      • 工数ベースは仕事が速いと損するからだめ
    • 過去の実績を説得材料にする
  • 好きなことしかやっていない
    • お金もらって好きなことが出来るとか最高
    • コンセプトから提案することが多い
      • やることありきのエンジニアとしてやるのは2-3割位
    • 自分のしたいこと・見たいものを作る
    • 先方との方向性が少し違ったら説得する
      • 先方の要望は足し算系のものが多い
      • それを入れるとどういう影響がでるか、という話をする
      • アプリとかだと、シンプルで統一感あるデザインで進めてたのにやたらリッチなUIにしたいとか後で言われるようなイメージ
  • ロンドンのレストラン演出の話
    • 向こうから打診が来た
    • ちょうど別の仕事のデッドラインとかぶるけど勢いでオーケーした
    • 寝ないで作業して片付けた
    • 面白い事なら多少きつくても飛びつく
  • 初めての社員はチリ人のデザイナになるかも
    • ネットで募集した
    • 日本語は全然しゃべれない
    • スキルよりもコミュニケーションが丁寧な点を評価して採用
    • ビザとか大変だけど面白いからやる
  • 期待の120%の成果を出す
    • 自分のやりたいことなので自然と手が動く
    • 実際に展示してみて子供たちが予想外な遊び方をするのが面白い
    • 現場で思いついたアイデアをその場で実装することもある
    • そうすると結果的に依頼者も喜んでくれる

TAKUYAの話

  • 継続課金モデルの話
    • Adobeは継続課金にしてから新しい製品発表イベントが大盛り上がりするようになった
    • 買い切りモデルだと、楽しいんだけどお財布と相談…という脳内ブレーキを掛けながら見ることになる。例: Appleの製品発表
    • 継続課金なら払う前提で話が聞けるので手放しで楽しめるから盛り上がる
    • 個人開発でも同じことが言える
    • だからロードマップの議論は盛り上がるし、発表するとユーザさんはとても注目してくれる
  • 人を雇うなら誰にするか
    • プラグインを開発してくれたユーザさんは有望
    • アプリのコンセプトを理解しているし、プラグインを作る技量も認められる
    • そういう人をまずは部分的にお手伝いしてもうところから始められるとよさげ
    • でもまだ先の話
  • フルスタックのスキルについて
    • 自分たちのように何でもやる人間は今後価値が高まる
    • アプリやサービスを作るために必要な技術がどんどん複雑化しつつあるから
    • それらを深く理解しつつ様々な視点を持って上手く組み合わせられる人は貴重
    • 特定の分野に超特化した人とフルスタックな人とで二極化するんじゃないか
      • 中間層の人たちは競争が厳しくなりそう

面白ければ苦労は厭わない姿勢

穴井くんの話に一貫して感じたのは、とにかく勢いを大事にしている点。 ああだこうだ心配するよりも、わくわく感とかやりたいという気持ちが優に勝って、体が動いている感じ。 エモいものを作るには、作る当人がエモくある必要があるのかもしれない。

作りたいものが見えていて、それをやるために少しずつ周りにある障害を取り除いて、気付いたら好きなことが好きなだけ出来るようになっていた。 それが好きなことをやって毎日楽しそうな人に感じる共通点だ。 そこに辿り着くまでの苦労は間違いなくあるんだけど、そんなのは些末な事で、気にしてる時間のほうがもったいない。

お互い口を揃えて「来年何してるか分からない」と言うのが面白いと思った。 独立してからの一年一年はどれも濃くて、毎年想像もしなかったことが起こる。 来年は何をするかなんて来年になってみなければ分からない。 そういう不確定要素を、不安がるよりもむしろ楽しんでいる。 安定がつまらなくて独立したんだから、そりゃそうだ。

また話せるのを楽しみにしている。 つぎは海外でばったり会ったりしてね。

こちらもどうぞ

craftzdog.hateblo.jp

新しく買ったポータブルHDDがめっちゃポータブルだった

f:id:craftzdog:20181125130037j:plain

Time Machine用に使っているBUFFALOの外付けHDDをうっかり落としてしまった。 それから若干異音がするので、新しいHDDを買った。

I-O DATA「カクうす」2TB。

机をすっきりさせたかったのと少しでも耐衝撃のものが良かったので、多少値は張ったけどポータブルのやつを選んだ。

実際に開封してみてその小ささと軽さに驚いた。

f:id:craftzdog:20181125131202j:plain

BUFFALOのやつと容量は一緒なのにこのサイズ差。やばい。

f:id:craftzdog:20181125131410j:plain

厚みはレザーケースを装着したiPhone XSと同じぐらい。

動作音はやっぱりHDD独特のカリカリ音がする。まぁしょうがない。

さっそくTime Machineでバックアップ中。 これで最悪家が火事になっても、こいつさえ持って逃げればなんとかなる。

体験が素晴らしくて課金したアプリ

いちアプリ開発者として、使っていて気持ちのいいアプリは勉強になるのでどんどん買っている。 本稿では最近買ったアプリを紹介したい。

美しいカレンダーアプリ Timepage by Moleskine

1つ目は、モレスキンによるカレンダーアプリ。 モレスキンといえばノートブックだが、iOSアプリも出していることに驚いた。 しかも、かなり考え抜いてデザインされている。

f:id:craftzdog:20181119204810j:plain

このプロモビデオを見れば一目惚れ間違いなし:

www.youtube.com

動きの小気味よさ。うざくない程度に抑えられたアニメーション。

カレンダーを確認するのがちょっとだけ楽しくなる。そんなアプリ。

UIの設計の参考になる。

価格は $11.99/年。毎年手帳を買い換えると考えれば安い。

Timepage

Timepage

人に書きたくさせる日記アプリ Day One

日記アプリといえばDay Oneというぐらいメジャーなので、知る人は多いだろう。 自分もDay Oneは継続課金モデルになる前のバージョンから使い続けている。

f:id:craftzdog:20181119205445j:plain

f:id:craftzdog:20181119205613j:plain

最近はiPhone XSのカメラが楽しいので、写真+一言の日記を書き綴っている。楽しい。

データの同期がもうちょっと早くなれば嬉しい。

プレミアム契約は $34.99 USD/年。契約すると、複数のジャーナル(グループ)や写真の複数添付が使えるようになる。

Day One ジャーナル + ライフログ

Day One ジャーナル + ライフログ

  • Bloom Built Inc
  • ライフスタイル
  • 無料

洗練されたToDoアプリ Things 3

iOS/macOS系に特化した、洗練したUIを持つToDo管理アプリ。

公式サイトのPVを見ると、なんだかワクワクしてくる。

f:id:craftzdog:20181119210857j:plain

f:id:craftzdog:20181119210922j:plain

自分は仕事用というよりプライベートの備忘録用に利用している。

こちらも同様にアニメーションが気持ちいいので、楽しくToDo管理が出来る。

カレンダーと統合できると嬉しいんだけど、それには対応していない様子。

価格は買い切りで以下の通り。

Things 3

Things 3

  • Cultured Code GmbH & Co. KG
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

Things 3

Things 3

  • Cultured Code GmbH & Co. KG
  • 仕事効率化
  • ¥6,000

App Storeを開くのが楽しくなった

最近App Storeがリニューアルしてから、App Storeをよく開くようになった。

何かおもしろいアプリ無いかなぁ〜と思いながら、ふらっと立ち寄る感じで。

毎日いろんな特集をやっていて面白い。雑誌を読む感覚でアプリ探しが出来る。

モレスキンのアプリもそれで知った。

またいいアプリを見つけたら紹介したい。

アトピーの治療記事が検索で1位になって、月間UUが1万を超えた。回復も順調。

f:id:craftzdog:20180820151019j:plain

どうもTAKUYAです。

このブログはサブブログという位置づけで、アプリ開発とは関係なく主にライフログ系の話題をつらつらと書いている。

その中でも持病のアトピーの治療について赤裸々に書いていくシリーズがどうも好評らしく、アクセス数が結構伸びている。

さすがにアクセス数伸び過ぎだろと思って調べてみると、Googleの検索で1位を取っていた:

f:id:craftzdog:20181119103312p:plain

アトピー 脱ステ」の検索結果

f:id:craftzdog:20181119103330p:plain

「脱ステ脱保湿」の検索結果

該当記事はこちら:

craftzdog.hateblo.jp

ChromeIncognito Modeで確認したので間違いないはず。ビックリだ。特にSEOをした訳でもない。お役に立っているようで何よりだ。

アクセス数の推移はこんな感じ。

f:id:craftzdog:20181119103636p:plain

f:id:craftzdog:20181119103655p:plain

その内訳のトップ3はアトピーのネタ。優に70%は超えている。

巷のアトピー情報の信頼性に疑問を感じた

アトピーの治療ネタを書こうと思ったキッカケは、自分がアトピーについて調べた時に出てきた情報がほとんど信頼できなかったからだ。

特に匿名によるもの。ア○ーバブログで、絵文字だらけ、誤字脱字だらけで何ら出典も示さない情報が蔓延していると感じた。 あるいは断片的でまとまっていなかったり、アフィリエイト目的なのが見え見えだったり。 そしてそういう記事が検索の上位を占めていることに危険性を感じた。

だから自分の書いた記事は匿名にせず、知る範囲で網羅的に、かつ出典を示して、個人的な意見はそう前置きするように気をつけた。 おそらくそういう配慮が功を奏したのだと思う。 少しは課題解決になったかもしれない。

今も順調に回復中

脱ステ脱保湿を始めてから 144日経った。もうそろそろ5ヶ月目に入る。

夜もだいぶまともに寝られるようになって、熟睡感を取り戻しつつある。仕事のパフォーマンスも戻ってきたように感じる。 見た目も、一時期ゾンビのような体だったのが、パッと見ではアトピーだと分からないぐらいにまでになった。 痒みは依然として強い。たまに動けなくなる。 それでも着々と回復しているのを実感している。 薬を塗りたくっていた頃とは見違える生活だ。

大きな落屑は無くなり、量も減って、細かい粉状になった。 先月まで掃除機が手放せなかったけど、今は毎朝ざっとかける程度で済むようになった。これは大きい。 しかし細かいので、メガネに付着するのが面倒だ。 頭皮の落屑はフケに見えるのが不潔っぽくて辛い。

でもたぶんあと数ヶ月もすれば普通に旅行にも行けるようになりそうだ。 この調子で完治を目指したい。

周りの理解と協力に感謝。

LINEモバイルのソフトバンク回線に乗り換えた。今のところとても快適。速度比較付き

f:id:craftzdog:20181118213418j:plain

2年ほどIIJmiodocomo回線を使っていた。

ぶっちゃけ不満で、速度は遅いし、屋内だと繋がりにくかったりした。特に最近はひどくて、ページが開けないこともしばしばあってストレスだった。

まぁ従来のソフトバンク契約に比べたら料金がめちゃくちゃ安いので、文句は言うまいと妥協していた。 一時期あれだけ回線が遅いと叩かれていたソフトバンク回線も、今思い返すとすごく快適だった。孫正義パワー。

一方、ここ一年ぐらいでLINEモバイルが良いという噂をちらほら見かけていた。特に今はテレビCMでバンバン宣伝してるのでご存知の方も多いだろう。格安SIMでこんな宣伝費かけてペイすんのかと不安になるが。

よく読んでる観音クリエイションさんのmozlogでも紹介されて気になっていた:

kannnonn.com

自分が乗り換えを決めた理由は以下の3つ:

料金はIIJmioと同じぐらいだが、コミュニケーションフリープランにすると主要SNSの通信量が無料になる。 Twitterをよく使う自分にとっては実質けっこう安くなる。

そしてソフトバンク回線。LINEモバイルソフトバンク傘下らしい。なるほど。 これで格安かつ快適な回線が手に入るぞ。

速度比較

このアプリで計測した:

Speedtest.net Speed Test

Speedtest.net Speed Test

  • Ookla
  • ユーティリティ
  • 無料

環境 IIJmio (docomo回線) LINEモバイル (ソフトバンク回線)
前住んでた家 (東京) ↓ 5.31 ↑ 8.84
今住んでる家 (大阪) ↓ 28.1 ↑ 1.90 ↓ 37.3 ↑ 6.54
大阪駅 ↓ 1.67 ↑ 21.8
ルクア店内 ↓ 11.2 ↑ 10.2
満員のガスト店内 ↓ 2.96 ↑ 2.87
病院内 ↓ 48.1 ↑ 28.4

単位: Mbps

同じ環境で取ってないので単純比較は出来ないけど、概ね改善したと言える数字ではないか。

病院内の待合室は、IIJmioだと繋がりにくかったのに対して、LINEモバイルは他のどの場所よりも最高のスピードを記録した。すごい。

これでまた快適なモバイル生活を送ることができそうだ。 CM効果で今後回線が混み合わないことを祈るばかりだ。

mobile.line.me

Padroneの革靴買った。丸っこくて可愛い。軽くて歩きやすい。

スニーカーが少しくたびれて来たので、たまにはドレス寄りのシューズを買おうと思って調べていたらパドローネというブランドを見つけた。

一部界隈でとても有名なMB氏のブログで知った:

www.neqwsnet-japan.info

この人のファッションの説明はいつも論理的で分かりやすい。

コーデにドレス要素を入れたいと思って何も考えずに革靴を選んでしまうと、仕事で履いてる靴を流用しているように見えてしまう。 しかしパドローネはつま先が丸っこくてちょいカジュアルなので、あんまり仕事用には見えないのが特徴らしい。

梅田ルクア7階のSTUDIOUSに置いてるっぽいのでさっそく見てきた。

f:id:craftzdog:20181118210221j:plain

かっこいい!この一点はソールが黒くないのが気に入った。

f:id:craftzdog:20181118210312j:plain

履いてみた。ちょっとワークブーツっぽくて良い。即決。

f:id:craftzdog:20181118211057j:plain

拡大。革の艶感がドレス味をいい感じに出している。

これで長めの黒い靴下を履けば、靴とパンツの境目が見えなくなって、脚が長く見える効果が狙える。短足にはありがたいハック。

ちなみにこのモデルはSTUDIOUSの別注品とのこと。税抜き30,000円。

大事に履いていこう。

あと店員に仕事について聞かれたのでアプリで食ってるって言ったら、いろいろ根掘り葉掘り聞かれた。 その店員は公務員をやめて去年からここで働いているらしい。 周りには安定を捨てたことを理解してもらえないとのこと。 歳を取ると好きなことへの腰が重くなるから今のうちにやっておきたい、と息巻いて話していた。 ええんちゃう。 そしてLINEを交換・・・完全に彼の営業トークに乗せられた。

てか、LINEは企業向け顧客管理アプリなんて出していたんだな。 少し見せてもらった。 面白い。 こういうビジネスへの利活用は確かにニーズあるなぁ。 うまいこと考えるわほんま。